サイト移転のお知らせ

ココログブックス・ニュースは、サイトリニューアルにともない移転いたしました。お手数ですが、「ブックマーク」や「お気に入り」に登録されている方は、アドレスの変更をお願いいたします。

新URL → http://cocologbooks.cocolog-nifty.com/

書店からも反響続々!

『傘が首にかかってますけど』発売から2週間がたち、さまざまな書店の店頭で見かけるようになりました。
女性作家のエッセーや、ブログ関連書籍の棚に置かれていることが多いようです。

そんな書店のひとつである、三省堂書店・有楽町店の中山さんから、本の感想コメントをいただきました。


「自宅出産に関するページがとくに見ものですね! 表紙もかわいいですし、帯の谷川俊太郎さんの文章にもあたたかさを感じます」

ほかの書店員さんからも、こんなコメントが届いています。

「ネット系コンテンツの書籍化というと、いままで男性の著者が多かったんですけど、女性の著者って珍しいですよね。ぜひ応援していきたいです!」(秋葉原・女性書店員)
「まずタイトルにひっかかります。すでに何件か予約をいただいているので、続々と入荷する予定ですよ!」(町田・男性書店員)

本屋さんにお寄りの際は、ぜひ手にとってみてください。見つからないときは、全国の本屋さんで注文が可能です。ぜひお取り寄せを!

投稿: 06:13 PM | 固定リンク

紀伊国屋新宿本店ランキング第3位!

好評発売中の『傘が首にかかってますけど』が、紀伊国屋書店新宿本店 週間ベストセラー(集計期間:2005年3月14日~3月20日分)の第3位にランクインしました!

紀伊国屋書店新宿本店 週間ベストセラー <単行本>
fukuda_rank

紀伊国屋全店舗では18位にランクインしています。ご購入のみなさま、まことにありがとうございました!

また @niftyBOOKS では、購入特典として特製てぬぐいのプレゼントを実施中です。抽選で100名様にフクダカヨさんのイラストが印刷された紺色のてぬぐいをお送りします。

てぬぐいの使い方を見る:ココログスタッフからのお知らせルーム(フクダカヨさんのてぬぐいできました!)

フクダカヨさん特製てぬぐい

バンダナ風
こんなふうにバンダナのようにも使えます!

なお、プレゼントと本は別の発送となりますので、当選された方には後日お届けします。「本は届いたけれどプレゼントははずれたみたい……」という方、まだ届く可能性はあります! 楽しみにお待ちください。

『傘が首にかかってますけど』を
@niftyBOOKS で予約する
Amazon.co.jp で予約する

投稿: 02:24 PM | 固定リンク

『傘が首にかかってますけど』本日発売!

フクダカヨさんの書籍『傘が首にかかってますけど -フクダカヨ絵日記-』が本日ついに発売されました!
「フクダカヨ絵日記」に登場するキャラクターたちの表紙と、赤い帯が目印です。丸善・丸の内本店(OAZO内)にて、書籍が並ぶ様子を撮影してきました!

話題の本とともに平積みされています。新刊本のコーナーや、女性作家エッセーのコーナーなどにPOPつきで置いてあるお店もあるので、ぜひ見つけてくださいね!
見つからなかったときは、気軽に店員さんに問い合わせてみてください。全国どの書店からでもお取り寄せが可能です。

お近くの書店で見つからなくても、「@niftyBOOKS」「Amazon.co.jp」から購入できますので、ご安心ください。

『傘が首にかかってますけど』を
@niftyBOOKS で購入する
Amazon.co.jp で購入する

また、『傘が首にかかってますけど』を購入された方のなかから抽選で、有名紅茶店カレルチャペック制作のココログオリジナル紅茶が当たります。本に折り込まれたチラシに応募先のURLが書いてありますので、ぜひご応募ください!

ココログブックスニュース:ココログブックスを買って、紅茶を当てよう!

投稿: 07:23 PM | 固定リンク

できたてホヤホヤの見本が届きました!!

『傘が首にかかってますけど -フクダカヨ絵日記-』が、ついにココログブックスニュース編集部に届きました。それでは、こちらをご覧ください!

『傘が首にかかってますけど』表紙
表紙には、さまざまなキャラクターがあちこちにちりばめられていて、本を開くまえからワクワクしてしまいます。
タイトルの由来にもなっている「傘を首にかけて歩くおじさん」がどこにいるのか探すのも楽しいですよ!

イタリア・ロンドン旅行記
書籍にしか載っていない絵日記や旅行記、コラムなど、見どころたっぷり!


すみからすみまで楽しい雰囲気でいっぱいの、この1冊。寝っころがってダラダラと、正座をして一気に、電車の中で笑いをこらえながら……いろんなシチュエーションで読んでみてはいかがでしょう。読み終えたときには、なんともいえない幸福感につつまれること、間違いなしです!

本の帯には、谷川俊太郎さんによるコメントのほかに、「フクダカヨ絵日記」の読者のみなさんから寄せられたコメントも載っています。3月14日(金)の発売日は、書店店頭でぜひチェックしてみてくださいね!

また、@niftyBOOKS で注文すると、抽選でフクダカヨさん特製てぬぐいが当たります。てぬぐいの詳細は、『傘が首にかかってますけど』先行予約&プレゼント!をご覧ください。ご予約、お待ちしております!

『傘が首にかかってますけど』を立ち読みする

投稿: 10:00 AM | 固定リンク

『傘が首にかかってますけど』先行予約&プレゼント!

発売を心待ちにしているみなさまに朗報です!
3月14日の発売に先がけて、『傘が首にかかってますけど』(著・フクダカヨ)の先行予約を開始します!

『傘が首にかかってますけど -フクダカヨ絵日記-』 『傘が首にかかってますけど
-フクダカヨ絵日記-』
著者名:フクダカヨ
発売日:2005年3月14日(月)
定価:1,365円(税込)
ISBN:4-901873-43-1



フクダさんインタビュー&書籍初公開の絵日記も掲載!
『傘が首にかかってますけど』を立ち読みする

『傘が首にかかってますけど』を
@niftyBOOKS で予約する
Amazon.co.jp で予約する

@niftyBOOKS で注文すると、抽選で100名様に『傘が首にかかってますけど』に登場するキャラクターが散りばめられた、紺色のオリジナルてぬぐいをプレゼント!

てぬぐい

ジーンズのように使いこんで色落ちさせれば、一味違った風合いが楽しめそうなてぬぐいです。予約購入してぜひ手に入れてください。お待ちしております!

投稿: 04:00 PM | 固定リンク

フクダカヨさんの本のタイトルが『傘が首にかかってますけど』に決定!

ココログブックスから出版されるフクダカヨさんの本のタイトルが、
『傘が首にかかってますけど -フクダカヨ絵日記-』に決まりました!
このタイトルは、フクダさんが「首に傘をかけて歩くおじさん」を目撃したときのブログの記事タイトル「傘が首にかかってますけど」からつけられました。

本のタイトル決定を記念して、「傘おじさん」を目撃した現場の写真や、いままで「フクダカヨ絵日記」に登場した「気になるモノ」や「気になる場所」の写真をご紹介します。フクダさんのコメントとともに、各記事のイラストと見比べてお楽しみください!

●「傘が首にかかってますけど」の“傘おじさん”がたばこを買った場所
“傘おじさん”がたばこを買った場所
首に傘をかけたおじさんを発見し、あとをつけてしまったフクダさん。おじさんはそのまま傘をささずに、雨のなかを帰っていったとか。あれ以来、おじさんには会っていないそうです。

フクダ:多分キャスターだな、マイルドじゃない方。

「傘が首にかかってますけど」
傘が首にかかってますけど



●「どんど焼き報告」のどんど焼き俯瞰図

どんど焼き俯瞰図

(画像提供:イリエフォトギャラリー

昨年楽しみにしていたのに買い物から戻ったら終わっていた「どんど焼き」に、今年は念願かなっての参加。イラストからは楽しい雰囲気があふれています。

写真は、フクダさんの旦那さん、イリエさんが撮影した「どんど焼き」の風景。イラストとは違った、懐かしいような、不思議な味わいがあります。

フクダ:当日の様子です。イリエフォトギャラリーもぜひご覧ください! 結婚式などの写真撮影、承ります~。

「どんど焼き報告」
どんど焼き報告



●「審美眼ならず」のドイツのソリ

ドイツのソリ

「ドイツのソリメーカーが作った玩具です」の言葉に背中を押されて買ってしまった、木製のソリ。アポロチョコとの比較を見ると、大人が乗るのは無理そうです。

フクダ:我が家に来たお子様たちがみんな乗って遊んでます。小春(注:生まれたばかりのフクダさんの娘さん)はまだ乗れません。

「審美眼ならず」
審美眼ならず

『傘が首にかかってますけど』の発売日は3月14日(金)になりました! 書店でお目にかかれるその日まで、もうしばらくお待ちください。

投稿: 05:35 PM | 固定リンク

フクダカヨさんにインタビュー!

今回はココログブックス賞を受賞したフクダカヨさんに、絵日記にまつわるお話しや、書籍化に対する意気込みなどをうかがいました。写真と合わせてご覧ください。


------絵日記を描きはじめたきっかけはなんだったんですか?

高校生のとき、宿題や時間割をメモする際に、なんとなく横に絵を描きはじめて。それが習慣になっていったんです。会社員時代も描いていましたね。打ち合わせ中、日記帳をクライアントが読みふけっていたり……ということもありました。

------日記でも書かれていましたが、お気に入りのスケッチブックがすぐに廃番になってしまう「死に水取り体質」だとか。

「マルマン」の A5サイズのものが一番のお気に入りでした。よく見かけるリング形式のものではなくて、ブック型の方が好きなんです。キレイに開くからスキャニングもできるし、紙の手触りも白さ加減も好きだったんですけど、でもいつのまにか廃番になってしまいました。しょうがないから東急ハンズで製本キットを買ってきて、一度だけ自分で作ったけど面倒くさかった……。今はロンドンで見つけたロドニー社のものを使ってます。念のため、この先2年分くらいは買ってあります。

スケッチブック


------色鉛筆も年季が入っていますよね。

鉛筆けずりを使わずにカッターでほんのちょっと先っぽをけずるだけなので、長持ちしているんです。中学2、3年生のときにお母さんからおみやげでもらったんです。ふでばこは小学5年生のときから愛用しているものです。

色鉛筆とふでばこ


------この手作りの本、とっても味があってかわいいですね! これもノートといっしょに作ったんですか?

実はこの「フクダカヨ絵日記」を前から自費出版しようと思っていて、自費出版用のデモ版として作ったものなんです。「帯文はこの方に頼んで、解説はこの方に……」と、ずーっと構想を練っていたんです。母からお金も借りて、印刷屋さんとも実は打ち合わせ済みだったんです。だから今回の受賞が決まって、ホントにうれしかったんですよ!

デモ版フクダカヨ絵日記
デモ版の『フクダカヨ絵日記(仮)』


------では、そんな思い入れがこめられた『フクダカヨ絵日記(仮)』をどんな本にしたいですか?

みかんの汁をとばしたり、コーヒーをこぼしながら読んでほしいです。お茶の間に転がっていて、読もうと思ったら家の誰かが先に読んでいて、お菓子のカスがはさまっていた……なんていうのもいいですね。そんな本になるといいなと思っています。


次回も引き続き「フクダカヨ絵日記」の裏話をフクダさんご本人からお聞きしたいと思います。お楽しみに!

投稿: 12:20 PM | 固定リンク

『フクダカヨ絵日記(仮)』3月発売!

ココログブックス賞を受賞し、いよいよ書籍化されることになった「フクダカヨ絵日記」を今回はご紹介いたします。

フクダカヨ絵日記
毎回小さな手帳に描いたイラストをスキャンしてアップしている絵日記。一見すると色鉛筆のタッチから「ほのぼの系?」と思ってしまいますが、実は微量な毒が混ぜられており、思わずそれがクセになってしまいます。

フクダカヨさんのプロフィール

ココログブックスコンテスト事務局は、3月なかばの発売を目安に、出版の準備を開始いたしました! タイトルや表紙など、決まり次第ブックスニュースでお伝えいたします。
フクダさんご本人の記事によると「ブログに掲載してない絵日記や旅行記なども入れるつもりです」とのこと。

フクダカヨ絵日記:「これ、本になります」
コメント欄には審査員・福岡氏(ハンドルネーム「F岡」)からのお祝い書き込みも!

次回は、高校生のころから毎日描かれているというフクダさんの歴代絵日記帳や、愛用の色鉛筆などを拝見したいと思います。お楽しみに!

投稿: 03:06 PM | 固定リンク

ココログブックス賞「フクダカヨ絵日記」講評

ココログブックスコンテストの受賞作品の講評を全5回にわたりお伝えいたします。
最終回の今回とりあげるのは、ココログブックス賞を受賞した「フクダカヨ絵日記」です。
(その他の作品の講評は「コンテスト受賞作品の講評」からご覧ください)

ココログブックス賞「フクダカヨ絵日記」

ブログの面白さのひとつは、そのブログの書き手の目線で、物事を見聞きできることにある。その眼差しが、新鮮であり共感できるものであれば、読む側は刺激的な体験を得た気分になる。人気ブログは、そのバランスが見事だ。「フクダカヨ絵日記」は、そうしたバランスはもちろん、作者の目線で書かれた文章、描かれたイラストが、読む側にある種の「心地よさ」をもたらしてくれる。それは、きっと作者の眼差しの優しさにあるのだろう。素敵な「和み」がそこにはある(審査員・福岡俊弘)。

自宅出産の様子がありありと、素敵なタッチのイラストで描かれていて、手に汗を握って読みました。最近注目度が高まっている助産婦さんにお願いしての自宅出産を考えているカップルにはとても役に立つコンテンツになっていると思います(審査員・青木陽子)。

こういう文章に必要なのは説得力、とくに人間観察力です。文章にもイラストにもフクダさんの観察力の鋭さが表れている。読んでいて、なるほど、そうそう、とうなずけるところがたくさんありました。イラストも楽しいですね!(審査員・花田紀凱)

フクダカヨさん、おめでとうございました!
なお、各賞の受賞者からも感想のコメントをいただいています。次回のブックスニュースでお届けする予定です。お楽しみに!

(ココログブックスコンテスト事務局)

投稿: 06:32 PM | 固定リンク